睡眠障害 原因 対策 症状

Sponsord Link


睡眠障害ってどんな病気ですか?

睡眠障害についてを詳しく知ろう!

 

ここでは、睡眠障害についてを詳しくお話していきたいと思います。
皆さんは、睡眠障害について、どの様なイメージや知識をお持ちでしょうか?
「夜、なかなか寝付けないイメージ」「連日徹夜しているイメージ」等が挙げられると思います。
上記のイメージはあながち間違いではありませんが、一言で睡眠障害と言っても、その中には様々な種類があるのです。
特に、「寝る事が出来ない」と認識されがちな睡眠障害ですが、実は「寝すぎてしまう」という事も、立派な睡眠障害の症状の1つだったのです。

 

睡眠障害には、細かに分けると「不眠症」、「過眠症」、「睡眠覚醒リズム障害」、「睡眠時随伴症」に分ける事が出来ます。
それぞれの症状の特徴について、詳しく説明していきますね。

 

睡眠障害は、専門の医師により治療を早急に必要とする場合もあります。
眠りの質が良くないと、次第に心にも悪影響を及ぼしてしまう為です。
ここで睡眠障害についてを詳しく知り、自分がどのパターンに当てはまるかを把握した上で、必要であれば専門科を受診する事をお勧めします。
ぜひ、治療の一貫のお役に立てればと思います。

 

睡眠障害〜不眠症について〜

睡眠障害で、最もポピュラーな症状の1つと言える不眠症ですが、不眠症にも幾つかパターンが存在します。

 

寝つきが悪い入眠障害や、何度も目が覚めてしまう途中覚醒、朝早くに目が覚める早朝覚醒、ぐっすり眠っているのに寝た気がしない熟睡障害の4つに分ける事が出来ます。

 

睡眠障害〜過眠症について〜

夜間になかなか寝付けない人が、日中に激しい眠気に襲われる症状です。
強い眠気に襲われる為、気づいたら眠っていた、という人も。
日中に車の運転等を行なっている方は、大きな自己の原因となる為、きちんとした治療を受ける事をお勧めします。

 

睡眠障害〜睡眠覚醒リズム障害について〜

人間は、日中活動し夜間は体を休めるものですが、最近の生活環境の変化により、昼夜逆転の生活を送る方が多くなってきました。
この様な環境の変化により、睡眠と覚醒のリズムが崩れた状態にあると言えます。

 

睡眠障害〜睡眠時随伴症〜

馴染みの無い症状ではありますが、分かりやすくお話すると、別名夢遊病とも言われている症状です。
寝ている間に行動を起こしたり、物を食べたり、寝ているにも関わらず普段と同じ行動を行なう事があり、医師による治療が必要な場合もあります。

睡眠障害は治りますか?

睡眠障害は必ず改善します!

 

夜なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚める、日中に強い眠気を帯びてしまい、夜寝れなくなる…。
この様に、睡眠に関する悩みを抱えている人が、近年急増しているそうですが、その背景には、社会的環境も大きく関わっていると言えるでしょう。
ストレス社会と言われている近年、不眠症等の睡眠障害を訴える人が増えて来ているのです。

 

一回睡眠障害を患ってしまうと、なかなか抜け出せなくて苦しむ方も多いのですが、なぜ睡眠障害が起きたのか、自分の状況や症状を把握し、適切な治療を行なう事で、睡眠障害の症状は必ず改善へと向かいます。

 

大切なのは、眠れないからと言って、全てを睡眠障害で片付けない事です。
中には不眠症ではない、別の原因で不眠症等を患う場合もあるのです。
今回は、睡眠障害の改善へ向けて、正しい対処法等について、お話していきたいと思います。

 

睡眠障害〜正しい対処法で快適な眠りを手に入れよう〜

睡眠障害とは、なかなか寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったり、ぐっすり眠れない事を睡眠障害と呼んでいます。
今回は、症状を改善させる為の正しい対処法についてをお話していきます。

 

寝付けない、夜中に何度も目が覚めるといった症状の多い睡眠障害ですが、日中に体が活動しない事で体力が余り、寝付けなくなる事が多いそうです。
日中適度に運動を行なう事で、改善へと向かう事も多いそうですが、日中動いているのに寝付けないという方は、睡眠前の行動がキーポイントです。
寝る直前まで携帯をイジったり、暗い部屋で明るいテレビを見たりしていませんか?
これらの行動は、副交感神経を刺激してしまうので、神経が興奮状態になってしまい、寝付けない、眠れないといった症状を起こしますので、まずは寝る直前の行動についても注意してみましょう。
殆どの睡眠障害は、生活習慣を正す事で次第に改善していく事が多いので、まずは乱れた生活習慣を正してみる事から初めてみましょう。
それでも辛い場合は、我慢せずに専門科を受診して下さいね。

 

しかし、中には別名夢遊病と呼ばれる、睡眠時随伴症という症状もあります。
この症状は、自分の意思とは全く無関係に行動を起こしてしまう事が多いので、専門の医師による治療が必要な場合があるので、注意が必要です。

睡眠障害を発症する原因とは何ですか?

睡眠障害を発症する主な原因

 

睡眠障害は、不眠症・過眠症・睡眠覚醒リズム障害・睡眠時随伴症の4つの種類に分ける事が出来ます。
今回は、それぞれのパターンにおいて、症状が発症する主な原因について、説明していきたいと思います。

 

睡眠障害〜不眠症の主な原因〜

不眠症の原因は主に10パターンに分けられます。

 

  1. ストレスからの不眠
  2. 子供の頃の習慣による不眠
  3. 特発性疾患による不眠
  4. 薬物、カフェイン等による不眠
  5. 健康障害による不眠
  6. 精神障害による不眠
  7. 身体的原因に関係しない不眠
  8. 精神的原因に関係しない不眠
  9. 逆説的不眠
  10. 精神心理学的な不眠

 

特に不眠症で多いとされているのが、6の精神障害による不眠です。
2は、小さい頃に寝かせる時間が定まらなかったりする事で起きてしまい、それが3の特発性疾患による不眠に繋がります。
少し難しい言葉ばかりですが、どの原因も「睡眠が取れない」という思い込みから発症してしまう事が多く、徐々に心理面においても悪影響を及ぼしてしまう事がある為、早期の対策が必要と言えるでしょう。

 

睡眠障害〜過眠症の原因〜

過眠症と言うとあまり馴染みがありませんが、本来人は日中行動し、夜寝る様に出来ていますが、日中に強い眠気に襲われ、意思とは関係無く睡眠を強要される事です。
日中に眠気を帯びる事で、重大な事故に繋がる事も危惧されている過眠症は、青年期や若い成人に多く見られる症状です。
うつ病、尿毒症、線維筋痛症などによって引き起こされ、睡眠時無呼吸症候群によっても引き起こされる事も証明されています。

 

睡眠障害〜睡眠覚醒リズム障害の原因〜

分かりやすくお話すると、体内時計のバランスが狂った状態であり、普段活動するはずの朝に起きれなかったり、休む時間の夜中に覚醒してしまったりする状態を指します。
主な原因としては、昼夜逆転の生活を送っていたりする事で発症するので、多くは生活環境を正す事が出来れば、改善に向かう事が出来るでしょう。

 

睡眠障害〜睡眠時随伴症の原因〜

睡眠時随伴症とは、別名夢遊病と呼ばれており、寝ているにも関わらず行動を起こす事を指します。
本人は寝ている為、行動を起こしている事は分かりません。
この症状は、てんかんや脳疾患等が関係している場合も多い為、睡眠時随伴症が見られた場合、まずはしかるべき機関で検査を受ける事をお勧めしています。
また、成長による一過性の場合もあり、成長に伴い自然消滅する場合もあります。

Sponsord Link