睡眠障害 中途覚醒

Sponsord Link


辛い睡眠障害の中でも、中途覚醒とは何か?

睡眠障害とは、一体どんな症状であるのかについて、詳しく説明していきたいと思います。
睡眠障害というのは、簡潔にお話すると、寝つきが浅い、夜遅くまで眠れない・または寝すぎてしまう、早朝に目が覚めてしまう…等といった、睡眠に関して何らかの問題を抱えている場合を意味します。
一般的に、睡眠障害と言うと、皆様は「不眠症」と思い浮かべると思いますが、睡眠障害は不眠症だけではありません。
睡眠障害にも様々な症状があり、不眠症はその中の1つにしか過ぎないのです。

 

今回は、睡眠障害の中でも「中途覚醒」についてをお話していこうと思いますが、中途覚醒とは、読んで字のごとく「睡眠中に目覚めてしまう」という症状を指します。
一度目覚めてしまうと、二度寝をする事が難しく、中途覚醒を患っている方は、極度の寝不足に陥る事が多い症状なのです。

 

睡眠障害の一種の中途覚醒は、薬で治るのか?

睡眠障害の一種である中途覚醒は、睡眠中にふとした事で目覚めてしまう症状があります。
一度目覚めてしまうと、そこからの二度寝は難しく、中途覚醒を患っている方は極度の睡眠不足に陥る事もしばしば見受けられます。
睡眠からしばらく経過した後の深夜に目覚める場合が多く、そこから明け方まで眠れない、といった方が多く見受けられる症状です。
この中途覚醒ですが、果たして薬で改善させる事が出来るのでしょうか?

 

まず、中途覚醒は、自律神経の働きが弱る事で起きる睡眠障害ですので、自律神経の働きを弱めている原因を追求する事から始まります。
原因を追求している間は、薬で自律神経の働きを助ける治療を行います。

 

使用する薬は症状によって変わってきますので割愛しますが、睡眠導入剤等の他に、神経の高ぶりを落ち着かせる作用のある、心療内科系の薬が処方される事が多いです。
薬を処方しながら、メンタル面でのサポートも行う事で、徐々に睡眠障害を改善させていくのです。
しかしながら、神経や気持ちの高ぶりを落ち着かせてくれる作用のある薬は、若干の依存性がある為、医師の指示をしっかりと守って服用する事が必要です。

 

軽い中途催眠の症状であれば、昼間に適度な運動をしたり、寝る前にリラックスタイムを設けたりする事で症状を改善する事が出来ますが、症状が重い場合は、薬物治療を行う事が改善の第一歩だと言えます。

Sponsord Link