睡眠障害 昼夜逆転

Sponsord Link


昼夜逆転の生活は、睡眠障害の症状?

生活スタイルの大きな変化に伴い、昼夜逆転の生活を送る現代人が多くなってきていますが、実はこの「昼夜逆転の生活」も、立派な睡眠障害の一種だという事を、ご存知でしたでしょうか?
睡眠障害と言うと、一般的には「不眠」を思い浮かべる方が多く、「昼夜逆転だけど、きちんと寝れてるし、大丈夫!」と言う方が殆どです。
しかし、その「大丈夫」が、大きな落とし穴となっている事に、多くの方が気付いていないのが現状なんです。

 

昼夜逆転の主な症状は、朝起きれない・日中に眠くなって寝てしまう・夜間は夜通し起きている、という症状が最も出やすいです。
特に「朝起きるのが辛い」「朝起きれない」という方が最も多く、学生時代ならともかく、社会人となると、朝起きれないのは困りものですよね。

 

睡眠障害の一種である昼夜逆転は、どの様にして起きるのでしょうか?
今回は、昼夜逆転の症状についてを、お話していきましょう。

 

睡眠障害の症状の一つである昼夜逆転とは?

睡眠障害の症状の一つである昼夜逆転は、文字通り昼と夜が逆転してしまう事です。
現代人に多い症状の一つなので、現代の生活スタイルが症状発症に関係していると言えます。

 

携帯電話で遅くまで友人や知人と連絡を取る、携帯ゲームで夜通し遊んでしまう等、携帯電話の普及によって、昼夜逆転が起きるケースが非常に多いです。
他には、仕事や人間関係のストレスにより眠れなくなってしまう人や、夜勤帯の仕事をしている人、塾通いで夜遅くまで勉強をする子供にも見られる症状です。

 

以上の様な状況が、昼夜逆転の主な原因となりますが、うつ病等の精神疾患の主な特徴でもあるのです。
朝起きれない、夜眠れない、という症状が長く続いている方は、その分うつ病等の精神疾患にかかりやすのです。
仕事の関係で昼夜逆転の生活をしている人は、簡単に生活を戻す事は出来ないので、十分な休養と睡眠を取る様に心がけて下さい。
昼夜逆転に悩む方は、我慢せずに専門の医師の診断を受ける様にしましょう。

Sponsord Link