睡眠障害 禁煙

Sponsord Link


睡眠障害の改善の為には禁煙をしよう!

眠れない・日中に激しい睡魔に襲われる・昼夜逆転・夜中に何度も起きる…。
この様な症状の事を、私達はまとめて「睡眠障害」と呼んでいます。
睡眠障害の原因は、その症状によっても様々ですが、どんな症状にも一貫している睡眠障害の改善法として、「禁煙」が挙げられています。

 

夜中に何度も目が覚める度に、タバコに火を付けていませんか?
寝付けないからといって、タバコに手を出していませんか?

 

タバコを吸う方の中には、眠れない時についタバコを吸ってしまう方が非常に多いのですが、実はそのタバコが不眠を招いていたのです。
睡眠障害に悩まされてる方の半数は、実は喫煙者が多いという事実もあるのです。

 

睡眠障害を改善させる為には、タバコを吸っている人なら、まず始めに禁煙から進められますが、タバコを吸う事と睡眠障害に、どんな関係があるのでしょうか?

 

睡眠障害の改善と禁煙の関係性について

睡眠障害の改善を行うには、まず始めに禁煙を行う事が必要とされています。
なぜ、禁煙が睡眠障害の改善に繋がるのでしょう?

 

眠れない時、寝付けない時、夜中に目が覚めてしまった時、喫煙者であれば、ついタバコに火を付けて一服するという方が多いそうですが、タバコのニコチンはアドレナリンを分泌させ、脳を覚醒させる働きがあるのです。
脳が目覚めてしまうと、もちろん体も活動モードに入ってしまうので、なかなか寝付けない・何度も起きてしまう、との症状に繋がってしまうのです。
リラックスする為に吸っているタバコが、実は不眠を促していた原因だったのです。

 

睡眠障害の改善の為の禁煙は、いつまで必要?

タバコは中毒性があるものとして知られています。
タバコのニコチンは体内に入り、アドレナリンを分泌させ脳を活発にさせるので、頭をスッキリさせると誰もが勘違いしてしまうのです。
体内に入ったニコチンは、半日で抜けてしまうのですが、脳がタバコに依存してしまう為、禁煙にはとても辛い禁断症状が出てしまうのです。
主な離脱症状としては、イライラする・ボーっとする・体がダルい・喉が渇く・落ち着かない…等といった症状が多く見られます。

 

この離脱症状は、人によっても異なりますが、3日〜1週間程で徐々に消えていきます。
しかし、脳への依存はすぐには消えてくれません。
タバコを吸いたいと思わなくなるまで、個人差もありますが、大体3ヶ月程度は必要でしょう。

 

まずは本数を減らして…という方も見られますが、それでは意味がありません。
辞める時はすっぱりと辞める、これこそが睡眠障害やご自分の体の健康を維持する為の秘訣となるのです。

Sponsord Link