不登校 睡眠障害

Sponsord Link


睡眠障害と不登校の関係

不登校のお子さんが居らっしゃる親御さんは、その不登校になってしまった原因を知っていますか?
いじめや友達関係、勉強等、不登校の原因はそのお子さんによって様々ですが、実は睡眠障害も不登校の原因とされている事を、ご存知でしたか?

 

実は、不登校のお子さんのほとんどは、慢性疲労症候群の状態に陥っており、同時に睡眠障害も発症しているという事が、明らかにされているのです。

 

そして、不登校のお子さんは、ほとんどの子供が朝に起きられないという症状があります。
これは、睡眠障害特有の症状でもありますが、今回は不登校と睡眠障害の関係性や原因を追求し、正しい対応策についてをお話していきます。

 

不登校の原因は睡眠障害?正しい対処法

近年、お子さんが不登校で悩む親御さんが増えてきましたが、その背景に睡眠障害が隠れています。
睡眠が十分に足りていないと、子供は切れやすくなり、無気力や食欲低下にも繋がります。
また、不登校のお子さんの多くは昼夜逆転の生活を送っていますが、朝が弱いというのは、睡眠障害の大きな特徴なのです。
では何故、睡眠障害が不登校に繋がるのでしょうか?

 

不登校の原因はお子さんによって様々であり、人間関係や勉強等、様々な原因が挙げられますが、特に理由も無く、いつの間にか不登校になっていた、というお子さんが非常に多くなっています。
その原因として挙げられるのが、睡眠障害なのです。

 

睡眠障害は、うつ病ととても深い関わりがあり、うつ病の原因の一つのセロトニン減少が、睡眠ホルモンの分泌の減少も引き起こしてしまうとされており、それにより慢性疲労症候群に陥り、気力低下等に繋がっていたのです。
また、睡眠障害やうつ病等により、慢性的に疲労を受けている状態が続くと、様々な障害が現れ、元の元気な姿に戻れなくなってしまいます。
その状態が、不登校として現れるのです。

 

不登校の裏側に隠されている睡眠障害に目を向け、生活週間を正してあげると共に、専門科による適切な治療が必要とされています。
不登校の原因が分からず悩んでいるお子さんや親御さんは、まず睡眠障害を疑ってみましょう。
適切な治療が、その後の人生を救う事になるのです。

Sponsord Link