発達障害 睡眠障害

Sponsord Link


睡眠障害と発達障害の関係性

睡眠障害と発達障害、一見全く違う障害に見られますが、以外な関係性がある事をご存知でしょうか?
今回は、睡眠障害と発達障害の関係性についてを、詳しくお話していこうと思います。

 

まず、睡眠障害とは、不眠や過眠、夜中に何度も起きてしまう、寝つきが悪いといった症状の他に、夢遊病や無意識の内に叫びだす夜驚症等、その症状は様々です。
夢遊病や夜驚症等は、大人になるにつれて改善するものも多いのですが、大人になってからの睡眠障害にはきちんとした治療が必要だと言われています。

 

一方発達障害は、人によって症状の度合いは異なりますが、精神障害や知的障害等を伴う障害の事であり、学習障害や注意欠陥・他動性障害等が挙げられています。
子供の頃、落ち着きが無く常にソワソワし、クラスに必ず一人は授業を妨害する子供が居たと思いますが、そういう子が、現在でいう発達障害と呼ばれるのです。

 

この発達障害は、実は睡眠と大きく関わりがあるのです。
睡眠を見直し、質の良い睡眠を取る事で、発達障害の予防や改善に繋がる事も、発表されています。

 

うつ病や自閉症等も睡眠障害と深い関わりがある様に、発達障害もまた、睡眠障害と深い関わりがあったのですね。

 

睡眠障害と発達障害…この2つを改善する為には?

発達障害は、治療をせずに放っておくと、大人になってからとても苦労してしまう障害です。
その為、発達障害の可能性のあるお子さんを持つ親御さんは、放っておかずにきちんとした対策を取る事を必要とされています。
発達障害の治療法はいくつか存在しますが、今回は睡眠を正す方法についてをご紹介します。

 

睡眠障害は、うつ病や自閉症と関係がある様に、発達障害にも深く関わります。
成長期に充分な睡眠を取らなければ、注意力や決断力が鈍り、常にソワソワし落ち着かない大人になってしまいます。
また、切れやすい子が急増しているのも、睡眠障害によるものとも言えます。

 

何らかの障害を持っている子に共通しているのは、短時間睡眠でも満足する事、朝が苦手な事、夜通し起きていても平気だという点です。
睡眠が減る事で成長が遅れ、心身共に異常をきたし、発達障害へと進行していくのです。
発達障害の問題を解決する手段の一つとして、睡眠の質を上げ、精神的に安定させる事が最も重要な治療法とも言えるでしょう。

Sponsord Link