世界一受けたい授業 睡眠障害

Sponsord Link


世界一受けたい授業で紹介!睡眠障害の改善法

睡眠障害は、不眠症だけでは無く、日中に眠気が襲う睡眠過多や、昼夜逆転・夢遊病や夜驚症等、様々な症状が挙げられています。
また、睡眠障害はうつ病等と深い関わりがある為、放っておくとうつ病のリスクが高まる危険性もあるのです。
子供の睡眠障害においては、発達障害や自閉症にも大きく関わてくる為、睡眠がどれだけ私達の健康に関係しているかを伺う事が出来ますね。

 

まず、正しい寝方をしなければ睡眠障害になってしまう事は、誰でもご存知でしょうが、その正しい睡眠について、きちんと把握している方は非常に少ないと言えます。
今回は、世界一受けたい授業でも紹介された、睡眠障害に悩む過多の為の、正しい睡眠方法についてを紹介していきたいと思います。
まずは正しい寝方や理想的な睡眠時間などについて、詳しくお話していきますね。

 

世界一受けたい授業で紹介された睡眠障害の為の正しい睡眠法

睡眠障害の為の正しい寝方としてまず挙げられるのは、睡眠時間です。
人間の理想的な睡眠時間は7時間半とされており、この時間が一番脂肪率が低いからとされています。
これ以上長くても、短くても良くありません。
7時間半の睡眠を、3日間心がけるだけでも、体調は大分上向き調子になる事が実感出来ると思います。
また、まとめて7時間半睡眠を取るのでは無く、一日のトータルで7時間半になる様に睡眠を取れば問題ないとされています。

 

また、夕食後2時間以内の睡眠も体調不良の原因になるので避けて下さい。
食べ物が消化されない事で成長ホルモンの分泌が減少してしまう為です。

 

明るい部屋で寝る事や、風呂上がりにすぐ寝る事も、睡眠障害を改善する為には悪い事とされています。
明るい部屋では熟睡する事が出来ず、寝る直前の入浴は神経が高ぶってしまう為、寝付けない原因となるのです。

 

以上の点に気をつけるだけで、質の良い睡眠を取る事が出来ると、世界一受けたい授業で紹介されていた方法です。
睡眠障害でお悩みの方は、是非お試し下さい。

Sponsord Link