睡眠障害 入院

Sponsord Link


長引く辛い睡眠障害の治療は入院が必要

睡眠障害は、睡眠に何らかの障害を抱えた状態の事を指しており、その症状は幾つかに分ける事が出来ます。
まず、睡眠障害と言うと「不眠症」と思い浮かべる方も多いですが、これは睡眠障害の症状の一つです。
他には寝つきが浅い、何度も目が覚めてしまう等といった症状も、睡眠障害の一種の症状なのです。

 

これらの症状をひとまとめにしたのを、睡眠障害と呼んでいるのですが、この睡眠障害が長引いてしまうと、心身共に衰弱してしまい、健康が害されてしまうので、症状が重い場合は、治療を行い改善へと導きます。
この治療を行う前に、まず一度入院して、睡眠状態の検査を行う事から始まります。
睡眠障害の原因は多く、睡眠時無呼吸症候群等が原因で起こっている場合や、精神的なものが原因で起こっている場合等様々です。
それぞれの原因により、治療法も異なってくるので、睡眠障害の治療を行う際はまず始めに入院して、原因を検査する事から始めるのです。

 

睡眠障害の治療で入院検査が必要な人の特徴

睡眠障害の治療を行う前には、まず始めに入院し、様々な検査を受ける必要があります。
まずは、睡眠障害に当てはまるかどうかのチェックを行い、自分が睡眠障害に陥っているかどうかを把握しましょう。
寝つきが良いか悪いか、夜間に目覚める事はあるか、朝早くに目覚めてしまう事はあるか、睡眠は充分取れているか、睡眠の質は満足しているか、日中に眠気はあるかどうかをチェックしていきます。
これらの事項の半分以上に当てはまる方は、睡眠障害の可能性が高い為、治療の為の入院検査が必要となってきます。

 

睡眠障害の入院検査方法について

睡眠障害の検査については、睡眠時無呼吸症候群の診断を行う為の「睡眠ポリグラフ検査」、日中の眠気を訴える方に適応される「入眠潜時反復測定検査」、日常の睡眠時間の図る為の「アクチグラフ」、就寝時に分泌されるホルモン濃度の測定の為の「血中メラトニン濃度測定」、深部体温測定といった検査を受ける事になります。
これらの検査を受けた上で、今起きている睡眠障害の更なる原因を追求し、その原因に合わせて治療を行って行く為、睡眠障害を改善する為には必ず必要な検査なのです。

Sponsord Link