睡眠障害 何科

Sponsord Link


睡眠障害の治療・診察は何科の受診が妥当か?

睡眠障害というと、まず「不眠症」とイメージする方も多いと思われますが、不眠症は睡眠障害の一種に過ぎません。
夜眠れない・何度も起きる・朝方早くに目覚めてしまう・一度目が覚めたら眠れない、等といった症状をまとめて「睡眠障害」と呼んでいるのです。
眠れないという事は、次第に人間の体にとって悪影響を及ぼしてしまう為、症状が重い・または続く様であれば、適切な治療が必要になってきます。

 

この睡眠障害は、ほとんどの病院・科で対応してくれますが、睡眠障害の原因によって、受診する科も変わってきます。
ストレス等の心理面での睡眠障害なら心療内科やメンタルクリニックが妥当です。
神経内科や神経科、内科でも診察はしてもらえますが、睡眠障害については専門外な為、間違った診断を下される場合もありますので、注意が必要ですね。
また、睡眠障害の原因が睡眠時無呼吸症候群等の場合は睡眠外来の受診をお勧めしています。

 

睡眠障害の原因がわかる方は上記の科への受診をお勧めしていますが、原因がわからない場合、症状をチェックし原因を把握する必要があります。
次に、睡眠障害の症状チェックについて、お話していきます。

 

睡眠障害のチェックは何科で行ってくれるのか?

睡眠障害の原因は様々であり、その原因によっても治療法が変わってきます。
その為、睡眠障害の治療を行う為には、まずは睡眠障害の症状をチェックする事が必要です。
その際に、症状をチェックしてくれる科については、精神科や精神神経科、心療内科等といった科が主な専門になっています。
そこで睡眠状況に関しての詳しい問診が行われ、睡眠障害の原因が精神的なものなのか、または睡眠時無呼吸症候群等のものによるものなのかを判断するのです。

 

もし、睡眠障害の原因が精神的なものであれば、そのまま心療内科や精神科で治療を行います。
睡眠時無呼吸症候群等が原因の場合は、睡眠外来で治療を行っています。
睡眠障害の治療を行う場合は、まずはじめに病院で症状をチェックする事が必要なのですね。

Sponsord Link