睡眠障害 アルコール

Sponsord Link


睡眠障害の一種の中途覚醒について

睡眠障害と一言で言っても、その症状はとても多いのが特徴です。
夜なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚める、明け方になると目が冴えてしまう、等といった症状が睡眠障害として認識されています。
その睡眠障害の中に、中途覚醒といった症状があります。
中途覚醒とは、一度目が覚めてしまうと、そこから再び就寝する事が難しい症状の事ですが、中途覚醒の原因の一つとして、アルコール依存症が挙げられています。
アルコール依存症と睡眠障害・中途覚醒の関係性について、詳しくお話していきます。

 

睡眠障害の一つである中途覚醒とアルコール依存の関係性

睡眠障害の一種である中途覚醒は、実はアルコール依存症が原因で起きる事が報告されています。
アルコールは、摂取すると眠気を誘うものである為、睡眠障害に繋がるという印象が無く、睡眠障害を患う方が睡眠薬代わりに就寝時にアルコールを摂取するという事を耳にする事が多いのですが、これは間違った対応法なのです。

 

飲酒後に眠くなり、良く眠れた経験から、睡眠障害の方はアルコールを摂取し睡眠に入ろうとしますが、アルコールを摂取すると眠くなるメカニズムとして、アルコールには人を覚醒させる働きのある、脳幹網様体賦活系の働きを鈍らせる為です。

 

アルコールによって入眠した後は、実は脳派を図ると、意識障害の状態になっているという事が報告されています。
その為、浅い眠りである「レム睡眠」が、アルコールが体に入っている状態であると出現しなくなります。
レム睡眠が出現しない場合、体はノンレム睡眠状態となり、深い眠りが続いている状態になってしまっています。

 

その後、徐々にアルコールが抜けるにつれてレム睡眠が出現していき、前半にレム睡眠が出現しなかった反動で後半は眠りが浅くなり、結果的に睡眠から途中で覚醒してしまう、中途覚醒となってしまうのです。
アルコールで入眠する事は、実はとても危険な事だったのですね。
アルコールを多飲する事によって、次第にアルコール依存症となっていき、結果的にアルコール依存症が睡眠障害を引き起こしてしまうという、負のスパイラルに陥ってしまうので、アルコールを利用しての入眠は、とても危険な行為であったのです。

Sponsord Link